疲労について

2017年11月9日

暦の上では冬になりましたが、日中は暖かく気持ちの良い天気が続いていますね。

今回は診察をしていてよく聞かれる質問にここでもこたえようと思います。

疲労についてです。

疲労は字のごとく疲れと捉えるのが当然ですが、疲労と同時にダメージが存在していることをイメージできていない方が多いと思います。

例えば疲労骨折 疲労なのになぜ骨折なんてするのと思われる方がいらっしゃいます。同一部位に繰り返しかかる負荷、ダメージを疲労と表現しているんですね。

そこで肩、腰の疲れでどうして痛くなるのかと言う質問が結構あります。

痛みが出現してきている段階で疲れから→損傷、ダメージを意識していただければといつもお話しさせていただいています。

僅かな損傷でも蓄積されれば大きい障害になります。 そこで治療する時には”疲れをとる”→”傷を癒す”にイメージ変更していただきます。

すると痛みの原因 治療内容 治療期間など納得できることが多くなります。

痛みを放置しておくとその痛みに慣れてしまい健康な状態を忘れてしまいます。また痛みが残りやすくすっきりしない身体になってしまうこともあります。

痛みを感じたら早めの治療がとても有効です。

 

交通事故 産後骨盤矯正 頭痛 スポーツ障害ならお任せください。

安城市箕輪町東山44-1 長坂接骨院 0566-72-0566 http://nagasaka-y.com/sports/