打撲、捻挫の固定について

2018年02月10日

今年に入って打撲や捻挫をして受傷後に固定しなかったため痛みや腫れがなかなか消えず当院に来院される患者さんをよくみます。

腫れや痛みが強い場合骨折がなくてもしっかりとした安静をとるために固定は不可欠になることがあります。 固定をするとどうしても患部の動きがかたくなることを避けたいために固定を軽くしたりしないケースがありますがその辺りの見極めはとても大切です。

安静とリハビリの時期、バランスを丁寧にすると痛みや鈍重感などの後遺症が残りにくいです。

是非受傷時はしっかりとした診察を受けていただきたいです。

交通事故 産後骨盤矯正 頭痛 スポーツ障害ならお任せください。

安城市箕輪町東山44-1 長坂接骨院 0566-72-0566 http://nagasaka-y.com/