ヘルニアについて

ヘルニアがあるから痛いと思ってはいけない。

首や腰の痛みでヘルニアを心配される方がおおくいらっしゃいます。 

ヘルニア=首、腰の痛みと思っていらっしゃる方も多いと思います。

椎椎間板ヘルニアや陳旧性骨折(いつの間にか骨折)がある方でも首や腰の痛みを感じず元気にされている方がいます。

レントゲン、MRIなど検査をしてヘルニアを発見されて薬とビタミン剤や湿布だけもらったよと言う患者さんも多くいます。湿布や痛み止め ビタミン剤では当然ヘルニアは無くなりません。ではなぜ病院ではそのような処置が多いのかそれは圧迫されている組織や筋肉が自己回復能力で落ち着くのを待っているからです。

ヘルニアを放置しておくと手や足の痛み、シビレなどいずれは歩行困難になる可能性もあります。

ヘルニアをひどくしないためには椎間板にかかる負荷、圧迫させることを減らすことが必要になってきます。脊椎を支えている筋肉の健康と強度、バランスを気を付けることで椎間板にかかる負担を減らすことができるのです。

首や腰の痛みの施術については下記のページへ

https://nagasaka-y.com/koshi/