スポーツによるケガ

こんなことでお悩みではないですか?

安城市長坂接骨院 スポーツによるケガ シンスプリント ジャンパーズニー 野球肘 テニス肘イラスト

  • 早く練習に復帰したい
  • 痛みをごまかしながら練習している
  • 以前骨折・捻挫したところが痛む
  • 骨折・脱臼のリハビリするところを探している
  • 同じところがいつも痛くなる

スポーツなどでケガしたときの固定 安静について

一般的にケガをした直後の安静(固定)はとても大切です。

特に小学生から高校生 子供たちは回復力がとても速いのでケガをしても、ろくに安静(固定)もしないで湿布と痛み止めで乗り切ってしまう子供たちがいます。

固定はそれぞれにあったものを作成しなければいけません。 名倉流の固定方法で対応いたします。

最近は筋肉、関節の拘縮や練習再開を早くしようと軽めの固定で期間も短めですが、患部の安静がしっかりとれていない場合を多いようです。 固定をしっかりすることで練習の再開が少し遅れるかもしれませんが、そこで固定(安静)を中途半端にしていると再発を繰り返したり後遺症の原因になりかねません。

ケガの症状に合わせた安静(固定)をオススメします。

痛い部分をかばいながら練習しても良い事は一つもありません。フォームもバランスも悪くなり、痛いところをかばったフォームを覚えかねません。結果本来の自分の100%の力がだせません。

また、痛みが無くなった=治ったということでは無い場合があります。

今の自分の状況をしっかり把握してメンテナンスと練習のバランスをとっていくことが大切です。

安城市長坂接骨院の捻挫 肉離れ シンスプリント・ジャンパーズニーのメンテナンス

捻挫・肉離れについて

捻挫・肉離れは筋肉・腱・靭帯などを損傷することです。場合によっては部分断裂もしくは断裂している場合もあります。

筋肉 腱 靭帯の修復には場所によっては何週間もかかる場合があります。捻挫・肉離れも状態によっては固定をしっかりすることをおススメします。

シンスプリントについて

スネの内側にそって痛みが多く出ます。特に、スネの下3分の1ぐらいのところによくみられます。

スネの下3分の1のところは足首や足の指を動かすための筋肉が付着しているところで、そこに炎症を起こしている場合を「シンスプリント」といいます。

シンスプリントはオーバーユース(使い過ぎ)と足の指外反母趾や土踏まずのアーチや筋力不足の問題で引き起こされます。

また無理をしていると「疲労骨折」する可能性もあります。

ジャンパーズニー

膝蓋腱炎になると、多くの場合、膝蓋腱は膝蓋骨(ひざのお皿)の上下あたりりに痛みと腫れが見られます。

バスケやバレーなどジャンプ繰り返すスポーツに起こることが多く、炎症が悪化してくると、膝が腫れてきて歩いたりさわっただけでも痛みをかんじるようになります。

膝蓋腱は膝蓋骨の下端に付着しているため、腱への負担が骨にも伝わり、膝蓋骨の下端がはがれる剥離骨折」が同時に起こることもあります。

MC

安城市長坂接骨院スポーツ障害 シンスプリント ジャンパーズニー治療施術風景

ジャンパーズニーやオスグッドなど炎症と腫れが強い場合はMCをします。 

MCの主な作用は、細胞レベルで組織を修復することです。どこか痛めると人はそれを修復するために損傷電流と呼ばれる同じく㎂単位の微弱な電流が流れます。MCは、この損傷電流と同じような電流を流すことで組織の修復・回復を早めることが可能になります。

炎症の初期に強い刺激の電気治療はかえって炎症や痛みを強くしてしましまうことがあります。炎症や腫れが落ち着いてから 筋肉の動きの回復 筋肉の緊張をとる 痛みをとる施術を行います。

ハイボルテージ(HV)

安城市長坂接骨院 スポーツ障害 ジャンパーズニー シンスプリント治療施術風景

HV治療は電圧を高くすることで皮膚の抵抗を少なくするため皮膚のピリピリ感を少なくなるためより強い刺激を膝関節の深部に入れることができます。ハイボルト治療は様々な神経性の痛み 靭帯・腱の痛みに対しての痛みを抑える力がとても優れています。

SSP

安城市長坂接骨院 骨折 脱臼 捻挫リハビリ風景

刺さない鍼療法ともいわれ麻酔技術応用から発展した方法です。運動器疾患をはじめとし、ガン性疼痛分野の疼痛緩和にも用いられています。筋肉の緊張・こりや痛みをとることに優れています。ジャンパーズニーやオスグッドなど膝蓋靱帯部、脛骨粗面部にあてることで疼痛を軽減させます。

RADIA

安城市長坂接骨院 シンスプリント 野球肘 骨折 脱臼 捻挫リハビリ風景

高・中周波を体内で交差(干渉)させ、その周波数の差に相当する干渉電流流を発生させ取り付けたポイントとその範囲の筋肉の深層まで届き緊張と疲れ、痛みをとる効果があります。患部をかばって太ももやふくらはぎ腰などにも痛みが出てくる場合にも施術するととても効果があります。

ストレッチ・筋トレ

シンスプリント、ジャンパーズニーともにストレッチの仕方や・筋トレの強度や回数など 再発防止や練習を再開していくうえでとても重要になります。症状に合わせてアドバイスさせていただきます。

骨折・脱臼・筋・腱断裂 捻挫 手術後のリハビリ

安城市長坂接骨院シンスプリント 骨折 脱臼 捻挫 肉離れリハビリ風景

病院時代につちかった骨折 脱臼 捻挫 筋・腱の断裂などのリハビリ経験が豊富にあります。手術後のリハビリも安心してお任せください。