肘内障 腕がぬけた 手を使わない

お子さんの腕をひっぱったあと、腕を持とうとすると嫌がったり、痛いと言ったり、腕を使わない場合肘内障の疑いがあります。

肘内障とは完全な脱臼ではなく肘関節がはずれかかっている状態になります。

個人差はありますが、小学校1.2年生ぐらいになると骨の成長とともになくなります。

名倉流の脱臼を整復する技術はとても高く肘内障においてはほとんど痛みを感じさせません。

注意すること ウデがぬけたと思っていたら・・・

もし遊んでいて激しく転んだり 高いところから飛び降りて手をついて

腕を使わなくなった場合骨折の疑いがあります。

病院でレントゲン MRIなど検査をすることをおススメします。